空猫軒TOP


猫も糖尿病になります。

「猫が糖尿?!プププ」と笑ってはいられません。
放っておいては命にかかわる病気なのです。
原因は、肥満、ストレス、他の病気(感染症など)とさまざまですが
血糖のコントロールがうまくいかずに高血糖になる場合があるのです。

このお部屋では、空猫軒のぶち猫バ〜の糖尿の闘病記を公開し
猫の糖尿病をわかりやすくお話します。
猫同居人さんは、ご参考になさって下さい。





【糖尿病とは】

「尿」とついているので、泌尿器系の病気と思われがちですが、
膵臓(すいぞう)が慢性的な機能不全になり起こる病気です。

血液中の糖の値をコントロールする(血液中の増え過ぎた糖分を細胞中に取り込ませる
ことによって血液中の糖分を減らす)インスリンというホルモンが膵臓で作られます。
インスリンが不足(または効果を妨げる状態)になると血糖値が上がります。
血糖値が上昇すると尿中にも糖が出ていき、様々な代謝に悪影響が出ます。
いつも高血糖が続き尿中に糖が捨てられる病気が糖尿病です。

予防が難しく、複数の症状がみられ、
発病すると根本的な治療は難しく、併発する病気も多い怖い病気です。

簡単に言うと、動くためのエネルギー源「糖」が体の中で作られるんだけど、
糖の分量を調整する「インスリン」ってホルモンが、ちゃんと作れない病気。




【糖尿病猫バ〜】

バ〜さんは重症急性糖尿病「ケトアシドーシス」なっちゃいました。
「重症?そんなになるまで分からなかったの?」と
お思いかもしれませんが、分かりませんでした。
前日まで大食い元気満点のバ〜だったのです。

「猫の糖尿病は症状をあらわさないの病気の代表」
と、云われるのをつくづく実感。

※バ〜の糖尿病生活は「バ〜の闘病記」にて。
左のカテゴリーメニューからどうぞ。(左にご案内が表示されていない人はこちらから)





【猫の糖尿病について】


●症状

・多飲、多尿
 高血糖の場合、尿から糖を捨てるので水分(おしっこ)も排出する為、
 多尿(一度に大量したり、何回もしたり) たくさんおしっこをした分、水を摂取するので多飲。

・だるそうにしている

・嘔吐、昏睡
 ケトン体ができた場合(身体にとって不要なものができるため)起こります。

・食欲がない、元気がない

・多食
 尿中に糖が流出するため、エネルギーを補うように身体が反応し、お腹が空いた感じになる。

・痩せてきた(肥満猫の糖尿病もあり)
 代謝が不活発になる為、全身的な衰弱と削痩が起こる。

・高齢で痩せている

・毛艶が悪くなった

・膵臓が悪い

・歩行時の後肢の動きが変(手根骨部で歩く)

※ 高血糖=血液中のブドウ糖の濃度(血糖値)が正常よりも増加している状態



●併発症

・膀胱炎、血尿
・黄胆(白目や唇が黄色っぽくなる)
・外耳道炎
・白内障(高血糖が原因)
・急性腎不全(脱水が原因)

※ 以上の症状から病院へ行き、糖尿病が判明することもあります。

※糖尿病になった猫は、記載した以上の症状が全て出るというわけではありません。
※一般的な人間の糖尿病にあげられる症状と猫の糖尿病の症状は違います。
※犬の糖尿病とも症状が違う部分があり、治療にも違いがあります。

※外耳炎になった時の耳洗浄液「バ〜イヤ〜ん」の作り方、使用方法を
 「バ〜の闘病記11」でご紹介しています。
 左のカテゴリーメニューからどうぞ。(左にご案内が表示されていない人はこちらから)




●慢性合併症(罹患してから数年を経て発症する合併症)

・糖尿病神経障害
 合併症の中で最も早く現れる。
 しびれや筋肉の萎縮、筋力の低下や胃腸の不調など。

・糖尿病網膜症
 視力が弱まり、白内障になることもある。最悪、失明する場合もある。

・糖尿病腎症
 徐々に尿が作れなくなる。最終的に尿毒症を起こし危険。

・糖尿病性昏睡
 喉の渇き、脱水、嘔吐、昏睡など。最悪、命を落とす危険がある。
 インスリンの量を急に減らしたり、中止した場合など、高血糖がひどくなると起こりやすい。

・急性感染症
 感染症にかかると急速に症状が悪化しやすくなる。命にかかわる。

・歯肉炎
 細菌に対する抵抗力がなくなるので、歯茎が赤くなり食事する時痛い。
 インスリンの効きを悪くするのでステロイド剤は使用不可。
 (人間の場合、重度の歯周病になると炎症性サイトカインが上昇
  <炎症を抑えようとする免疫細胞が出す物質>
  インスリン対抗性が高くなるので糖尿病を悪化させるという例もあるらしい)

※糖尿病になった猫は、記載した以上の症状が全て出るというわけではありません。
 なかには命にかかわるケースもありますので、
 早期発見のためにも、毎日の観察は怠りません。



●原因

遺伝、膵臓の腫瘍、栄養過多、ストレス、ホルモン剤の過剰な投与、
ステロイド剤の副作用など言われていますが、まだまだ不明な点も多い。

膵臓はランゲルハンス島という組織で、ホルモンを分泌しています。
A細胞から分泌し、血糖値を上昇させる「グルカゴン」、
B細胞から分泌し、血糖値を降下させる「インスリン」、
D細胞から分泌し、グルカゴンとインスリンを抑制する「ソマトスタチン」があります。
この内、血液中の糖分量をコントロールするホルモン、
インスリンが糖尿病の原因として大きく関係しています。



●なりやすいと言われている猫

・オス
・高齢
・肥満

肥満は糖尿病になりやすいと言われています。
食後に血糖値は上昇します。上昇を抑えるためにインスリンが分泌されるのですが、
いっぱい食べるとそれだけインスリンもいっぱいいるということです。
でも、インスリンは無制限というわけではないので分泌できなくなります。



●種類●

猫の糖尿病には、?型(1型)、?型(2型)、?型(3型)があります。
?型(1型)糖尿病は、インスリン依存型糖尿病です。
膵臓がインスリンを作らなくなる(作りにくくなる)糖尿病です。
足りない分、インスリンを注射で投与してあげます。
?型(2型)糖尿病は、インスリン非依存型糖尿病です。
膵臓のベータ細胞は正常で、身体でインスリンは正常に作れています。
でも、血糖値が上昇したままになる糖尿病です。
血糖値を上昇させる副腎皮質の機能亢進などが原因らしいです。
?型(3型)はホルモン誘発性の糖尿病、耐糖性障害です。

糖尿病の型はデキサメサゾンというステロイド剤を投与して血中コーチゾルが投与後、
どのような動きをするかをみる低容量デキサメサゾン試験、
高容量デキサメサゾン試験で調べることができます。
採血は投与前、投与後2回の計3回で、それぞれ1.5から2ccずつの採血します。

(型の検査方法については、ryoさんからの投稿情報です。ありがとうございました)


●診断●

・身体検査
・血糖値などの血液検査
・尿糖、尿道感染の徴候など尿検査
・黄疸
・血中、尿中のグルコース濃度
・血清の生化学分析と完全血球検査
・腹部レントゲン、エコー検査(膵炎など合併症の疑い)

・空腹時ブドウ糖負荷試験
 空腹時にブドウ糖を与え2時間後の血糖値を調べる。
 異常に高血糖な場合は糖尿病型。






【糖尿病の治療】


●飲み水

  多飲は体が必要としているので、制限せずに飲ませてあげること。
  制限してしまうと、脱水症状に陥る場合があります。
  自宅でのコントロールの指標は飲水量と尿量です。いつもより多飲の時は注意が必要です。


●インスリン、お薬

・インスリン(インシュリン)
  インスリンは血糖値を下げるホルモンです。
  高血糖の場合は、インスリン注射をして血糖値を下げます。
  正常血糖値は200以下ですが、治療にあたり300以下維持を目標とします。

  インスリン治療のいらない場合もあります(特に肥満猫)。
  インスリン治療のない場合、食事療法による体重(カロリー)コントロールをします。

・血糖降下剤
  経口のお薬で、一過性糖尿病の場合や軽症の場合、
  インスリンの働きが悪く細胞が糖分を活用できない場合に使用。
  血糖値を下げる薬は、膵臓から無理にインスリンを作らせようとするお薬です。
  インスリンを作ることができない猫の場合には効果はなく、反対に負担になるので有害とも言えます。


●食事療法

  療養食やカロリー制限の食事。
  猫の糖尿病には痩せているタイプと太っているタイプがあります。
  肥満猫の場合は肥満を改善する。
  糖尿病の猫用の療養食もあります。

※糖尿病の食事療法食は「糖尿病の処方食について」のコーナーにて。
 左のカテゴリーメニューからどうぞ。(左にご案内が表示されていない人はこちらから)

※インスリン注射と食事療法をする場合、一日の食事の回数やインスリンの回数、
 量が関係してきます(主治医さんに相談のこと)。
 フードは決めた時間に与えます(出しっ放しにはしません)。


●生活のリズム観察

  とくに飲量、尿量を注意して見ます(多飲、多尿になったら要注意)。
  その他、体重測定、うんこ、食欲、元気?など。

 血糖値血液検査を病院でする場合、仮に通常範囲内であっても、
 興奮、緊張した場合、一時的に高血糖になります。特に猫は顕著です。
 ですから、数値で出る血糖値よりも、ふだんの生活での猫の状態(元気さ)が、
 一番の診察になります。糖尿病猫の同居人さんの観察はとても大切です。


●定期的な検査

  病院で定期的に検査をします。血液検査、尿検査、体重測定など。
  血液検査で血糖値やフルクトサミンという物質を測定します。

  自宅で血糖値を検査する器具もありますが、病院での検査は必要です。
  もちろん、調子の悪そうな時はすぐに主治医さんの指示を仰ぎます。


●激しい運動は避ける

  適度な運動は有効とも言われていますが激しい運動はさけます。
  急激な運動は低血糖症をおこす危険があります。






【猫の血糖値】

正常値(糖尿病でない元気な猫の血糖値)は、80〜130mg/dlです。
糖尿病の猫の場合、治療によって100〜200mg/dlに安定するように目指します。

糖尿病猫の場合、高血糖時500〜600mg/dlにもなる場合があること、
インスリン増量により早急に死に繋がる低血糖になる危険性などを考えると、

やや高血糖ぎみの200〜300mg/dlでも
良いのではないかという意見が最近では多いです。

300mg/dl台(300〜399mg/dl)でも……
まぁ……良いんじゃない?という意見もあります。(2013年時点)

数年バ〜の糖尿病と付き合ってきた私個人としては、
理想は100〜200mg/dlだけど、あくまでも目標値。300mg/dl以上でも慌てず、焦らず、
ケトン体の有無をチェック!と言ったスタンスです。
(※ケトン体については、下記【ケトアシドーシス】を参照)




【治療の重要ポイント】

治療に関して一番注意しなければいけないことは
低血糖」(70mg/dl以下)にならないようにすることです。
猫の命にかかわります。

※「インスリン注射、低血糖について」も参照。
左のカテゴリーメニューからどうぞ。(左にご案内が表示されていない人はこちらから)





【糖化アルブミン(グリコアルブミン)】


糖尿病治療をしている猫が通院で、ふだん調べてもらう血液検査は、
その時(採血時)の血糖値を測定するものですが、
糖化アルブミン検査は過去の血糖の状態を把握できる検査です。

だいたいの猫が病院へ行くことにより、興奮緊張します。
血糖値は空腹感や興奮状態で、一時的にですが一挙に上がってしまいます。
そのため、正確な血糖値が測定できず、実際以上に高い数値が出てしまうことがあります。
その点、糖化アルブミンは長期間(過去約2〜3週間の平均値)のデータが分かります。

●糖化アルブミンとは

体内の主要のタンパク質であるアルブミンに糖(グリコ)がくっついたものです。
アルブミン(血液中の蛋白質)+ブドウ糖=グリコアルブミン(糖化アルブミン)

●検査方法

小さな医院ではしていないので、外注になります。
主治医さんに採血をしてもらい、それを血液センターで検査、
後日、結果報告書をもらうという形になります。主治医さんに相談、申し込みをして下さい。
検査費用は2000円くらいです。(病院によって違います)

●検査のタイミング

インスリンによる血糖コントロールや治療効果の確認に適した検査ですので、
3ヶ月に1度程の検査をおすすめします。

●糖化アルブミン参考値

(糖化アルブミンの量)÷(糖化アルブミンを含むアルブミンの総量)×100=糖化アルブミン値
参考値「6.7-16.1%」
ただし、糖尿病の猫の場合「20-30%」が目標の目安です。






【ケトアシドーシス】


高血糖が続くと、脂肪を使ってケトン体という毒物が体内に蓄積します。
重度の糖尿病「ケトアシドーシス」(ケトン体によるアシドーシス)という症状です。

緊急入院、緊急治療が必要となります。命にかかわります

 通常の糖尿病はじわじわと進行し、なかなか症状があらわれにくいのですが、
 ケトアシドーシスの場合は突然症状が出ます。
 血液が酸性に傾いて危険な状態を引き起こします。
 合併症(腎臓病、眼病、神経症状など)になる場合もあります。
 尿検査や血液生化学検査(ケトン体検査)でわかります。

 危機を脱するまで、点滴とインスリン注射を続ける治療となります。
 皮下輸液(点滴)は糖尿病なのでソルアセト。

 簡単に言っちゃうと、体の中に溜まった毒素ケトンちゃんを、
 たっぷり点滴をしておしっこと一緒に体から出しちゃおうって処置です。


※バ〜は糖尿病発症時(尿検査で判明)と、
 闘病1717日目、1761日目(血液検査で判明)にケトン体が確認されています。
 「バ〜の闘病記1」及び「バ〜の闘病記7」を参照。
 左のカテゴリーメニューからどうぞ。
 (左にご案内が表示されていない人はこちらから)






【ソモギー効果】Somogy


低血糖を防ぐために自ら血糖値を上げること。
インスリン過剰投与が原因の場合があります。
低血糖から高血糖にはねあがるので、元気がない日と元気な日が定期的に訪れます。

原因としては、
●インスリン注射の量が多い。
●インスリンが余り効いていない。注射がうまくできていない。
●膵炎などの合併症。
●そもそも、糖尿病ではない。

インシュリン注射のあと1〜2日はコントロールできるが、
その後数日間は高血糖が続くという周期的な悪い反応が出ます。
※「高血糖→低血糖→高血糖」と血糖曲線はVの字を描きますが、
 ソモギーの場合、V字を描き→ ̄ほぼ横一直線(ずっと高血糖)の日がきて、
 →ちょっと血糖値は下がるがVが浅い→Vが深くなってきたがまだまだ浅い
 →V字を描く ……と周期的に変化します。

ソモギー効果の可能性がある場合は、主治医さんに相談して下さい。

 ※ソモギー効果については「インスリン、低血糖について」にも記載があります。
  左のカテゴリーメニューからどうぞ。
 (左にご案内が表示されていない人はこちらから)






【血糖値が下がらない】


インスリン注射をしても効かない、血糖値が下がらない、高血糖が続く……
そのような状態を「インスリン抵抗性」といいます。
高血糖が続く原因としては以下。


 【インスリン治療初期に多い原因】

●インスリン扱いの初歩的なミス。
 インスリン保存方法、取扱い方、投与方法、量の間違いなど。

 ※インスリンについては「シリンジとインスリン、注射の仕方」を参照。
 (左にご案内が表示されていない人はこちらから)

●過剰投与
 過剰投与は初期、初期以降でも多い原因。

●まだインスリンが体になじんでない。


 【継続的にインスリン治療をしていて血糖値が下がらなくなった原因】

●インスリンの量、回数、種類を変更して間がない。

●感染
 一番多いとされる感染症は口腔疾患。歯科疾患、口内炎。

 ※バ〜は1716日目に口内炎の手術をしています。詳細は「バ〜の闘病記7」にて。
 (左にご案内が表示されていない人はこちらから)

●炎症
 一番多いとされる炎症は「膵炎」。
 膵炎の症状としては食欲低下があげられるが、食べる場合もあり。

 その他、細菌性膀胱炎など。

●甲状腺機能障害
 甲状腺機能障害については「バ〜の闘病記7」に記載。左カテゴリーからどうぞ。
 (左にご案内が表示されていない人はこちらから)

●副腎皮質機能亢進症

●三臓器炎(膵臓、肝炎、腸炎)

●腫瘍

●内分泌疾患

●先端巨大症、クロム親和細胞腫など特殊な疾患。

●ソモギー効果。

----など、その他にもいろいろあります。


高血糖が続いた場合、インスリンの量を増やす、インスリン注射の回数を変更する、
インスリンの種類を変えるなど対処がありますが、上記のような疾患をもつ可能性もあります。

インスリン抵抗性が認められた場合はそれらを考慮し、原因追及(検査)をして、
インスリンコントロールができるように(インスリンが効くように)改善します。

※血糖値が下がらないからといって安易にインスリン量を増やすのは低血糖をまねき危険です。
 低血糖は手当てが遅れると死に繋がります。
 インスリン量の変更は主治医さんに相談して下さい。






【我が家の猫は糖尿病?】


猫の糖尿病は判断が難しい病気です。
犬の糖尿病に比べても判断も治療も難しいそうです。
ストレスがある場合も高血糖や尿糖の症状が出ますので、
高血糖というだけでは糖尿病とは限らないからです。

猫の血糖値は、興奮するだけでも高くなります(この場合は正常です)。

  ●興奮時=高血糖になる場合あり(尿糖は出ない)
  ●ストレス=高血糖、尿糖が出る場合もある

  糖尿病でなく、興奮して血糖値が高いだけなのに、インスリン注射をしてしまうと、
  興奮が治まった時、命にかかわる低血糖になりかねません。

猫の糖尿病の検査は、血液検査と尿検査で調べます。
  ストレスのない状態で、持続的な高血糖(絶食時200mg/dl以上)と
  尿糖(おしっこに糖)が存在するかを数度調べます。
  フルクトサミンを測定する場合もあり。

※尿にケトン体がある場合は早急な治療が必要な糖尿病です。
  (ケトン体が出なくても糖尿病の場合があります)





【猫の糖尿病は不治の病? 完治するの?】


猫の糖尿病にはタイプがあります。
全ての猫が同じ症状というわけではありません。

猫の糖尿病には、一過性糖尿病(潜在性糖尿病)もあります。
膵臓ストレスによる一過性の糖尿病です。

インスリン不要の食事療法のみや、一定期間だけのインスリン治療で
完治する場合があります(この場合、特に低血糖に要注意)。
つまり、過大な期待は危険ですが、猫の糖尿病の場合は治る糖尿病もあるのです。

身近な例をあげると、バ〜の兄弟猫にも12歳を迎えてから糖尿病になった子がいますが、
処方食とインスリン注射の治療で、数ヵ月後にはインスリン注射不要になりました。
現在は体重管理だけで元気に過ごしています。






猫の病気の予防にはふだんからの健康管理が一番大切です。
いつもと変わりはないか、元気にしているか、
同居人さんは猫さんとのコミュニケーションから猫をよく「見る」ことを心がけましょう。

著者館主は動物のお医者さんではなく素人です。
記載しているものは、個人的にお勉強したものの一部で、バ〜の症状を例にした事例などです。
ですから(もちろん)診察に代わるものではなく、治療を指示、治癒を保証するものではありません。
正確性も確実ではないかもしれませんし、館主が責任を負えるものではありません。
あくまでも一例として参考に、館主のお勉強ノートの公開と思って下さい。
猫さんによって糖尿病の症状や治療は違います。
糖尿病に病んでいる猫さんが一匹でも元気に幸せに暮らせることを祈っております。

猫様に心配事、治療法や予防法に関して、糖尿病についての詳しい知識などは
主治医さんに早めにご相談して下さいね。




※左にご案内(カテゴリーメニュー)が表示されていない場合は
こちらからお入り下さい。別窓でトップが開きます。

空猫軒TOP



** 無断転載禁止 **
文章、画像は著作権法によって保護されています
無断利用、転載、コピペ、無断複写(コピー)はなさらないで下さい
Copyright (C)SORANEKO-KEN,2012-2013 All Rights Reserved.
【空猫軒】
inserted by FC2 system