空猫軒TOP
【バ〜の闘病記 2】

空猫軒のぶち猫バ〜の糖尿の闘病記を公開します。
病気発覚から治療、費用等もあわせて記載しております。
ご参考になさって下さい。






患猫:バ〜(BAVAROIS)
性別:オス
年齢:7歳で発病
毛皮:ババロア色のブチ
性格:おしゃべり、潔癖
苦手:運動、臭いもの
日課:手洗い


【200日目から】

** 発病200日目からの記録です **

経過 ■症状経過など バ〜の家計簿 累計
209日目 4本目インスリンに突入

夜から4本目のランタス。
3本目は
68日間で1本(3ml) 一日二回 シリンジ2メモリ

インスリンの使用期間
1本目 69.5日(1回2メモリに換算)
2本目 67日
3本目 68.5日

バ〜は一見元気に過ごしているが、
ここ数日、おしっこが多い時や、2滴程の鼻水、
水を少量吐くことがある。
食欲は相変わらず旺盛(過ぎる)。
-- 200892円
230日目 久しぶりの通院

血液検査をする。
この半月程、元気なフリをしている日々があったので
今回の検査は気になるところ。
本来のバ〜は、豪快なおしっこ放尿だったのが、
ゆっくり細く長くするようになったり、
尿量が多い日や、ヘ〜ンな顔をしている日もあった。

血糖値:352
興奮しているのもあるが高い。(正常で200位)
時間的にも高い時間だが、300くらいにしたい。

体重:5Kg
約2ヶ月で400g減っている。(食事制限などはなし)
ベスト体重だが急激に痩せたので
日頃の様子をチェックする。
(半月程前の体調不良そうな時から痩せてきた)
再診料
500円

血液検査
1000円

---------

1500円
(税75円)

合計
1575円
202467円
234日目
236日目
糖化アルブミン(2回目)

234日目
糖化アルブミン検査のための採血をする。
今回で2回目(1回目は48日目 成績 15.1%)

体重:5Kg

-------------------------------
糖化アルブミン検査結果

236日目
悪い。 成績 44.2%(※参考値 6.7-16.1)
糖化
アルブミン
(外注)
2000円

---------
2000円
(税100円)

合計
2100円
204567円
240日目 半日入院検査(2回目)

血糖曲線(2,3時間毎の血糖値の変化)を
みるために半日入院をする。……予定だったが、
余りに高血糖で半日観察する必要もなく早退。
(前回の半日入院は79日目)

【血液検査】非常に高い(最高値記録更新)
10:00 715
12:00 611
14:00 594
16:00 805

糖化アルブミン検査でも悪かったが、
インスリンのコントロールができていない。
朝の注射時(200〜糖尿病を考慮し300まで)
から3時間後が一番低い(100〜150)。
バ〜は一番低い時で600前後。非常に高血糖。
尿検査でも最高値で糖が出ている(砂はない)


インスリン量変更

本日夜の注射からシリンジメモリ2.5に変更。

※バ〜使用シリンジは「シリンジとインスリン、
 注射の仕方」のコーナーに記載。
 左のカテゴリーメニューからどうぞ。
(左にご案内が表示されていない人はこちらから)
検尿料
1000円

血液検査
x4回
4000円

---------

5000円
(税250円)

合計
5250円
209817円


インスリンのコントロールができているか、
インスリンは必要な状態かを調べるためにも、
血糖曲線(長時間の血糖値の変化)を検査するための半日入院と
糖化アルブミンの検査は定期的に必要。
(糖化アルブミン検査は血糖値が安定するまで1ヶ月に1回〜半年に1回が理想)


おもろ顔で寝るバ〜
右と同じ猫?!

使用済み注射器
どんどんなくなる…

かわいい顔のバ〜
左と同じ猫?!


242日目

254日目
242〜244日目
元気がない。食欲なし。あのバ〜がごはんを残す!

244日目 夜
朝はまだ食欲なく完食ながらゆっくり食べだった。
が、夜は「ごはん!」と急に元気になる。
インスリンが馴染んできたのか?

-------------------------------
インスリン変更後検査

254日目
インスリン量を増やしてからの血糖値を確認。
(インスリンは体になじむまで7〜10日程)

食後3〜4時間の低血糖時の血糖値をみる。
血糖値:343

前回よりは良いがまだ高い。


インスリン量変更

インスリン量を本日夜から2.75メモリに増やす。
低血糖に注意する。
とくに食後3,4Hの低い時間帯の飲料、尿量、
様子に注意が必要。

体重:5Kg
再診料
500円

血液検査
1000円

(持ち帰り分)
インスリン
注射液
(3ml)
7000円

シリンジ
x84本
(1箱)
6720円

---------

15220円
(税761円)

合計
15980円
225797円
260日目 5本目インスリン

5本目のランタスに突入。(4本目は49.5日分)
一回のインスリン量が増えた為、減りが早い!
バ〜は240〜244日目の頃のような調子の悪さは
見受けられない。インスリン量増の効果。
飲量は多いが元気な様子。
--
225797円
263日目 通院 インスリン量変更

血液検査に病院へ。
外出前ジョジョ〜とおもらし(そんなに嫌か?)

血糖値:333mg/dl
体重:5.2Kg

前回より多少下がってはいるものの、まだ高い。
本日夜の注射からシリンジメモリ3に変更。
再診料
500円

血液検査
1000円

---------

1500円
(税75円)

合計
1575円
227372円
270日目 処方食

3回目の処方食の注文

前回購入分(8Kg)121日間で消費。

※バ〜も購入、処方食通販については
 「糖尿病の猫の食事」コーナーに記載。
 左のカテゴリーメニューからどうぞ。
(左にご案内が表示されていない人はこちらから)
m/d 8Kg
(2Kgx4袋)
15160円

---------
割引など
▲8276円

合計
6984円
234356円


【280日目】


ヤムヤムの宝物わんことお昼寝中のバ〜。
ヤムヤムはわんこを捜索中。





仲良しジェイと
何見てるの?

世にも奇妙な
採血スタイル

ヤムのわんこと
お昼寝中

バ〜は病院での注射に「にゃおにゃお」文句を言うので、最近ではバッグに入ったまま
脚だけ出して採血しています。見えなければ良いようで、これなら静かで大人しい……

(※ 中央注射ポーズの写真は合成イメージ画像です。こんな感じ)



289日目 インスリン変更後検査

「行きたくないにゃぁ〜!」とまたお漏らしをする。
そうとう病院嫌いなようだ。
観念するのだ!とキャリーに入ってGO!

インスリン量を増やしてからの血糖値を検査。
前回、前々回と同じ時間(食後3〜4時間の低血糖時)の
血糖値を検査する。

血糖値:253

前回よりは良いがまだ高い。
インスリン量を本日夜から3メモリに増やす。
低血糖に注意する。

体重:5.3Kg
シリンジを購入。
再診料
500円

血液検査
1000円

(持ち帰り分)
シリンジ
x84本
(1箱)
6720円

---------

8220円
(税411円)

合計
8630円
242986円
303日目 インスリン変更後検査

インスリン量を増やしてからの血糖値を検査。
前回、前々回、前々前回と同じ時間の血糖値。

血糖値:378

インスリン量を本日夜から3.5メモリに増やす。

体重:5.2Kg
ランタス(インスリン)を購入。

次回の血液検査で、まだ血糖値が高いようならば入院。
2日くらい(場合によっては3・4日)入院して、
最適なインスリン量を探すため。
再診料
500円

血液検査
1000円

(持ち帰り分)
インスリン
7000円

---------

8500円
(税425円)

合計
8925円
251911円
311日目 6本目インスリン

6本目のランタスに突入。(5本目は50日分)
飲量は多いがとても元気。
--
251911円
338日目 久しぶりの通院

前回インスリン量を増やしてから半月後頃、
吐き、むせるなど体調不良の日があった。
が、その後落ち着き、今は元気満点。

血糖値は、まだ高いが前回よりも大分下がった。
血糖値 273
300を切ってるのでまず良しとする。入院回避!
インスリン量はこのままメモリ3.5で続行。
もしまた悪くなったら、
血糖曲線計測に半日入院した方が良いかもしれない。
調子悪の時は、糖化アルブミン結果も悪いと思う。

体重:5.3Kg
シリンジ購入。
再診料
500円

血液検査
1000円

(持ち帰り分)
シリンジ
x84本
(1箱)
6720円

---------

8220円
(税411円)

合計
8630円
260541円


【375日目】


たくさんの水碗に囲まれるバ〜。お水は必需品。
インスリンコントロールができていれば、道理では飲料は減るはずだが
(体内からおしっこと一緒に糖分を出す必要がないので)、
血糖値が良い時も悪い時もあいかわらず飲料の多いバ〜。





ネズミで遊ぶバ〜

仲良しジェイとお昼寝

いもむしバ〜


343日目

349日目
インスリン購入  7本目インスリン

343日目
食欲は相変わらず旺盛、おしっこ量も並みになる。
が、夜ぐったりとだるそうにしている日あり。
高血糖らしき時がたまに見受けられる。

7本目のランタス購入。


349日目
夜分から、7本目ランタス突入
(持ち帰り分)
インスリン
注射液
(3ml)
7000円

---------
7000円
(税350円)

合計
7350円
267891円
350日目 処方食

4回目の処方食の注文

前回購入分8Kgの内まだ4Kg程ある(2Kg1袋/月)が
メーカーの値上げ前に買い置き。


久しぶりに、夜中に豪快な吐きあり。
血糖値が高そうだ。(しかし次の日には元気)
m/d 6Kg
(2Kgx3袋)
11370円

---------
割引など
▲8200円

合計
3170円
271061円
372日目 血液検査通院

まずまず元気な一ヶ月だった。
夜中に高血糖らしき体調の悪い日があったが
(原因不明)、それ以外は食欲もあり元気。

元気に(煩く)血液検査をするため病院へ。
血糖値は良くはないが、まあ良しとする程度。

ふつう糖尿病は、血糖値が高くなり元気がなくなる
のだが、バ〜の高血糖&元気満点の症状は異例。

血糖値 225

体重:5.25Kg
シリンジ購入。
再診料
500円

血液検査
1000円

(持ち帰り分)
シリンジ
x84本
(1箱)
6720円

---------

8220円
(税411円)

合計
8630円
279691円
385日目
389日目
インスリン購入  8本目インスリン

385日目 インスリン購入。
ここのところ体調良好の日々。
あいかわらず飲料は多いものの元気なバ〜。
口が気持ち悪そうに「チッチッ」と舌打ちする
ことがある(吐き気がするが吐かない状態)。
それ以外は、インスリンのおかげで元気にしている。
がんがんインスリンはなくなっていく。
(インスリン量は同量で継続中)

389日目 8本目インスリン突入
 (7本目はメモリ3.5で消費40日間)
(持ち帰り分)
インスリン
注射液
(3ml)
7000円

---------
7000円
(税350円)

合計
7350円
287041円



まだまだバ〜の治療生活は続きます

バ〜の闘病記 つづきはこちら





猫の病気の予防にはふだんからの健康管理が一番大切です。
いつもと変わりはないか、元気にしているか、
同居人さんは猫さんとのコミュニケーションから猫をよく「見る」ことを心がけましょう。

著者館主は動物のお医者さんではなく素人です。
記載しているものは、個人的にお勉強したものの一部で、バ〜の症状を例にした事例などです。
ですから(もちろん)診察に代わるものではなく、治療を指示、治癒を保証するものではありません。
正確性も確実ではないかもしれませんし、館主が責任を負えるものではありません。
あくまでも一例として参考に、館主のお勉強ノートの公開と思って下さい。
猫によって糖尿病の症状や治療は違います。
糖尿病に病んでいる猫さんが一匹でも元気に幸せに暮らせることを祈っております。

猫さんに心配事、治療法や予防法に関して、糖尿病についての詳しい知識などは
主治医さんに早めにご相談して下さいね。



※左にご案内(カテゴリーメニュー)が表示されていない場合は
こちらからお入り下さい。別窓でトップが開きます。

空猫軒TOP



** 無断転載禁止 **
Copyright (C)SORANEKO-KEN,2012 All Rights Reserved.
【空猫軒】
inserted by FC2 system