空猫軒TOP
【バ〜の闘病記 4】

空猫軒のぶち猫バ〜の糖尿の闘病記を公開します。
病気発覚から治療、費用等もあわせて記載しております。
ご参考になさって下さい。






患猫:バ〜(BAVAROIS)
性別:オス
年齢:7歳で発病
毛皮:ババロア色のブチ
性格:おしゃべり、潔癖
苦手:運動、臭いもの
日課:手洗い


【800日目から】

** 発病800日目からの記録です **


経過 ■症状経過など バ〜の家計簿 累計
812日目 減りゆく体重

600日目頃から減りだした体重が気になる。
糖尿病になってから、増えたり減ったりはあるものの
だいたい5.2〜5.3Kgで落ち着いていたのだが、
ピーク5.4Kgあった体重が、3.8Kgと4Kgをきっている。
理想としては5.0Kgくらいになってほしい。

高血糖の様子が見られず、インスリンコントロールが
上手にできていると思っていたが、体重が減ったので
その分インスリン割合が大きくなったのではないか?!
と、気づいた。フードを増やすことを検討。
-- 434916円
814日目 フードを増やす・アルブミン採血

とりあえず、4.5Kgを目標に処方食を増やす。

糖尿病で痩せるというのは、フード、消費エネルギー、
インスリンのバランスが管理されている良い場合と、
必要以上に糖が出ていく為に、足りない分を脂肪など
からエネルギーを使ってしまいケトアシドーシスになる
ような悪い状態がある。
尿検査をして糖がおりているようならコントロールが
できていないということになる。

バ〜の場合は、ふだんの生活状態からは良好に
思えるのだが、痩せが激しいので、尿検査と
糖化アルブミン検査の結果から考察することにする。


糖化アルブミン採血。(結果は後日)
シリンジ1箱購入。
体重:3.7Kg
再診料
500円

血液検査
1000円

糖化アルブミン
(外注)
2000円

(持ち帰り分)
シリンジ
x84本
(1箱)
6720円

---------

10220円
(税511円)
▲1円

合計
10731円
445646円
818日目

821日目
糖化アルブミン検査結果

818日目 糖化アルブミン検査結果
成績 30.7%
参考値は6.7-16.1なので高過ぎる気がするが、
糖尿病の猫の場合目標は20-30なので少し高め。
前回が良かったのは反対に低血糖ぎみだったのかも。
アルブミン結果からみて、尿検査は高血糖など
調子の悪そうな時に持ち越し。

【過去の成績】
54日目  ◎15.1
236日目 ×44.2
492日目 ×33.2
607日目 ○18.6

821日目 処方食購入
処方食
糖コントロール
4Kg
5409円
(税込み)

---------

5409円
送料0円
割引など
▲51円

合計
5358円
451004円
834日目

836日目
19本目インスリン

相変わらず痩せているものの、食欲旺盛、元気満点。
高血糖続きの時のような、だるそうな様子もなく、
深夜の低血糖も訪れていない。
痩せている以外はすこぶる良い。

834日目
19本目インスリン購入。

836日目
19本目インスリン突入。
(18本目はメモリ3.5&3.0で消費44.5日間)
(持ち帰り)
インスリン
注射液
(3ml)

---------

7000円
(税350円)

合計
7350円
458354円



インスリンお持帰りセット

お気に入りの空中ハウス

痩せてきちゃった

バ〜のインスリンを購入する時は、インスリンお持ち帰りセットを持参しています。
500mlのペットボトル用保冷バッグ(丁度良い大きさ!)と、
冷凍食品についていた小さな保冷剤。
保冷材は繰り返し使えるし、保冷バッグも便利です。直接入れてもらっています。



846日目

855日目
毛並み

846日目
818日目頃から少し気にはなっていた毛並みの悪さ。
あいかわらず痩せていて、
毛並みも悪いのでみすぼらしい。
過去の写真と比べると、最高に太っていた時期から
ずいぶん痩せたことが分かる。
エネルギーを皮膚や脂肪から使っているのかも。
次回は尿検査もする。

※「シリンジとインスリン、低血糖について」に
 インスリン治療の糖尿病猫は痩せる?画像UP。
 左のカテゴリーメニューからどうぞ。
(左にご案内が表示されていない人はこちらから)

855日目
シリンジ購入。
(持ち帰り)
シリンジ
1本80円
x84本
(1箱)

6720円

---------

6720円
(税336円)
▲1
合計
7055円
465409円
870日目 糖化アルブミン採血

870日目
糖化アルブミン用の採血(結果後日)。シロニャン同行。
毛並みの悪さと痩せが気になるので尿検査をして
尿糖も調べたかったが、採尿できずパス。

血糖値:454
いつもより早い時間(食後1.5H)&興奮で高め。

体重:3.9Kg
フードを増やした効果、200g体重増量。目指せ4.5Kg。
再診料
500円

血液検査
1000円

糖化アルブミン
(外注)
2000円

---------

3500円
(税175円)

合計
3675円
469084円
873日目

874日目
また歯肉炎

874日目
口が臭いと思ったら、以前465日目頃と同じ左奥表
の歯茎が赤くなり出血している。
今回は歯の付け根あたり。
ビルバック歯磨きペーストを塗る。
このビルバック歯磨きは、ブラッシングしなくても
歯茎に塗るだけで腫れが治まる(過去体験では)。
チキンフレーバーもおいしいのか、バ〜は嫌がらず
自ら喜んで嘗めてくれるので助かる。

873日目
処方食購入
処方食
糖コントロール
4Kg
5993円
(税込み)

---------

5993円
送料0円
割引など
▲6172円

合計
▲179円
468905円
874日目

881日目
糖化アルブミン検査結果
20本目インスリン


874日目
糖化アルブミン検査結果。
成績 34.3% 少し高い。
(参考値 6.7-16.1、糖尿病猫目標 20-30)
目標以下の場合インスリンを減らす方向で考えていたが
結果が結果なので、今のままの量で続行することに。

【過去の成績】
54日目  ◎15.1
236日目 ×44.2
492日目 ×33.2
607日目 ○18.6
818日目 △30.7

インスリン購入

881日目
20本目インスリン突入。
(19本目はメモリ3.5&3.0で消費43.5日間)
(持ち帰り)
インスリン
注射液
(3ml)

---------

7000円
(税350円)

合計
7350円
476255円



眼鏡部ごっこ

痩せた全身写真

どアップきょとん顔


896日目 口内炎に歯磨きペースト

歯肉炎がまだ直らないので、歯磨き続行。
正確には歯磨きではなく、歯磨きペースト塗り。

歯磨き嫌いのバ〜は、ペーストを腫れに塗っている。
まだ少し腫れ、赤味と口臭がある。
歯磨きペースト自体は大好きで、自ら喜んで嘗める。

最近では、歯磨きペースト大好きクー以外にも、
み〜さん、シーさん、ジェイ、(ヤムヤム以外)も嘗める。

(1本目は時々使用で約1年で消費)
ビルバック
C.E.T.
犬猫用歯磨き
70g
1120円
(税込み)

---------

1120円
送料0円
割引など
▲1153円

合計
▲33円
476222円
899日目 インスリン保管ミス

890日目に、
インスリンを朝の注射後から、夜の注射時間まで
冷蔵庫保管を忘れ、部屋に置きっぱなしにしてしまう。
ランタスは常温保管も(使用期間は短くなるが)きくので、
そのまま使用してみる。
バ〜の様子は通常どおり。大丈夫のよう。
9日経過した899日目現在も、バ〜はふだんどおり。
室温は高めだったが、使用続行できる範囲だったようだ。
今後、小さなうっかりをなくすように肝に銘じる。

899日目
シリンジ1箱購入
(持ち帰り)
シリンジ
1本80円
x84本
(1箱)

6720円

---------

6720円
(税336円)
▲1
合計
7055円
483277円
919日目

924日目
21本目インスリン購入

919日目
バ〜さん痩せぎみだが元気。
口内炎も、多少口臭はあるが赤みも引きほぼ完治。

インスリン購入。

924日目
21本目インスリン突入。
(メモリ3.5&3.0で17本目43日間、18本目は44.5日間、
 19本目は43.5日間、20本目は43.5日間で消費)
(持ち帰り)
インスリン
注射液
(3ml)

---------

7000円
(税350円)

合計
7350円
490627円
926日目 ご褒美

最近は、バ〜さんのフードを4粒ほどよけておいて、
食後の注射をした後に、
頑張りましたのご褒美にあげている。

自宅でのインスリン注射を始めた頃は、
嫌がることもあったが
「病院で注射してもらう?」の一言で、
バ〜も「通院よりは……」と、嫌々我慢してしていた。
今は注射をした後はご褒美がもらえるので、
大人しく注射して下さいポーズを取るようになった。

処方食購入
処方食
糖コントロール
4Kg
5993円
(税込み)

---------

5993円
送料0円
割引など
▲1554円

合計
4439円
495066円


【931日目】


体調良好絶好調時の熟睡バ〜さん寝姿公開。
開放的過ぎ。





下から見たバ〜

飲水後は顎に水

ジェイとお揃い枕


928日目

941日目
安定した日々 ・ 涙目

飲量多め、おしっこ多め、あいかわらず痩せではあるものの
それ以外は非常に元気な日々が続いている。

928日目頃から、時々うるうると涙目の時や
目の周りが赤い時、赤い目やにが出る時がある。
熱?風邪?!様子をみる。


941日目
シリンジ購入
(持ち帰り)
シリンジ
1本80円
x84本
(1箱)

6720円

---------

6720円
(税336円)
▲1
合計
7055円
502121円
967日目

968日目
22本目インスリン

967日目  インスリン購入。
薄められるタイプでインスリン量が微調整できる
新しいインスリンが出ているらしいが、
バ〜はランタスで安定しているのでランタスで続行。

968日目
22本目インスリン突入。
(メモリ3.5&3.0----17本目43日間、18本目は44.5日間、
 19本目43.5日、20本目43.5日、21本目44日で消費)
(持ち帰り)
インスリン
注射液
(3ml)

---------

7000円
(税350円)

合計
7350円
509471円
972日目

976日目
元気ない?

972日目
処方食購入。

976日目
夜、なんとなく元気がない。
低血糖や高血糖の時の仕種はしないが大人しい。
インスリン注射も失敗はせず問題なかった。

ランタス(インスリン)はきっちり何時間持続という
わけではないので、効果の持続時間の
皺寄せがきているのかも?
処方食
糖コントロール
4Kg
5993円
(税込み)

---------

5993円
送料0円
割引など
▲1773円

合計
4220円
513691円
982日目 ふつーに元気

上記、元気がなかったのはあの夜だけで、
また安定した日々を送っている。
飲量多し、痩せてはいるが、食欲旺盛、元気いっぱい。
目の周りがピンクになったり涙目になることもない。
ちょっとお口は臭いけど。
これで、もう少し体重が増えてくれたら猶安心なのだが。

シリンジ購入
(持ち帰り)
シリンジ
1本80円
x84本
(1箱)

6720円

---------

6720円
(税336円)
▲1
合計
7055円
520746円



病院から帰宅のバ〜

オーラルスプレーと消毒液

やれやれ顔のバ〜

上真ん中の写真は1012日目に記載のオーラルスプレー(と、消毒液と、黒縞猫さん)。

【オーラルケア/VetzLife (ベッツライフ) スプレータイプ】

歯垢や着色汚れを除去するペット用オーラルケアスプレー。
口内にシュッと一吹きすれば良いタイプ。
口臭、歯肉炎に効果がありアメリカで人気の商品(らしい)。
悪臭の元になるバクテリアを除去して口臭も抑える。

グレープフルーツシードやグレープシード、ミントなど、
オールナチュラルな素材でできている。米国農務省の認定許可。
ハーブエキス&オイルで、
歯の着色汚れを除去、歯槽膿漏に伴う歯茎からの出血を抑える、
口臭を和らげる作用、殺菌消毒作用、歯茎のダメージを緩和、
バクテリアに対する忌避、成長阻害活性にも効果がある。
メーカーサイトはこちら(英語です)

スプレー後、30分は飲食をしない。1週間ほど1日2回、その後は1日1回。
3ヵ月後頃から効果が出てくる。
スプレー後、コットン等で軽く歯垢を拭取るとより効果的。

バ〜初めての「シュッ」はびっくりしたものの、特に嫌がる様子はなかった。
シュッを嫌がる場合は、掌などに出し舐めさせると良い。
ジェルタイプがあるので、猫さんにはそちらが向いているかも。


VetzLife ベッツライフ(ジェル)



※【ジェルタイプ歯磨き】犬猫用 Vetz Life ベッツライフ サーモン風味 130g(LEBA3・リーバスリーと同じ効果)



※【スプレータイプ歯磨き】犬猫用 Vetz Life ベッツライフ スプレー65g (リーバスリー・LEBA3と同じ効果)





1009日目

1011日目
23本目インスリン

1009日目
インスリン購入

1011日目
23本目インスリン突入。
(メモリ3.5&3.0----17本目43日間、
 18本目は44.5日間、19本目43.5日間、20本目43.5日間
 21本目44日間、22本目44日間で消費)
(持ち帰り)
インスリン
注射液
(3ml)

---------

7000円
(税350円)

合計
7350円
528096円
1012日目 歯肉炎考察

バ〜初めての(他の猫はお世話になっている)病院Cへ。
バ〜の主治医さんはセカンドオピニオン推進なので、
他院へ行くにも気持ち的に楽。

糖尿病いう事をお伝えした上、歯肉炎を診察して貰う。
歯石が…というよりも、歯茎の黒ずみ、口臭が気になる。
診断は、糖尿病が原因。
口臭は糖尿の合併症(腎炎など)が原因の可能性あり。
歯肉炎のお薬はステロイド剤だけど、
インスリンの効きを悪くするので使えない。
痛みがあるので、麻酔なしでの歯石除去はできない。
麻酔をして歯石除去をしても、糖尿病が原因なので
歯茎の炎症は治らない。
抗生物質を与えた方が良いかもしれないが、
抵抗力がなくなって歯肉炎になっているので、
武器を与えても(抗生物質を投与しても)兵士が弱く
(抵抗力が無い)たぶん意味が無い。
ドライフードは噛む時は痛いけど、柔らかいフードだと、
より歯石が付きやすい。

----と、言うことで処置なし状態。従来どおり、
綿棒で歯垢を取ってあげるくらいしかできない。
消毒液と口臭スプレーを貰って帰宅。

オーラルケアスプレーが異常に高い!
帰宅後、ネットで調べたら、今アメリカで流行りの
スプレーらしく、口臭、歯肉炎に効果があるらしい。
1本で450回分もあるから、まあ良しとする。
(↑上に画像、商品説明あり)

シリンジ然り(1本63円が米国通販では20円位)、
このオーラルスプレーも4410円で購入したが、
米の通販では2000円程で販売されている。
日本はペット医療品は高いなぁ……と改めて実感。

体重:3.95Kg
(病院C)

初診料
1000円

ヨード液
(消毒殺菌液)
2000円

Vetz Life
スプレータイプ
65g
4200円

---------

7200円
(税360円)

合計
7560円
535656円
1016日目

1018日目
爽やか口臭

1016日目
1012日目から始めたオーラルケアは順調。
518日目から使用の
ビルバックC.E.T.犬猫用歯磨きペーストのように
「おいしい!もっと頂戴!!」という感じではないが、
ヨード消毒液も、VetzLifeオーラルケアスプレー(上記)も
我慢しているのか大人しくつけさせてくれる。
どちらも直後に「えらいね〜」と褒めて貰えるのが嬉しく
優等生でいるよう。(猫の治療は褒めることが基本)
スプレーの「シュッ」が苦手なようなので、
掌や指につけ差し出すとペロペロと嘗める。
効果はすぐに実感。
きつい口臭が余り感じられない。これで歯茎のダメージも
緩和されていくのなら続ける価値あり。

1018日目
歯肉炎で食べにくそう。食べるのが遅い。
噛んだものをポロポロ落とす。
処方食購入
処方食
ロイヤルカナン
糖コントロール
4Kg
5993円
(税込み)

---------

5993円
送料0円
割引など
▲1661円

合計
4332円
539988円
1023日目 快調

ながらく血液検査もしていないので、糖化アルブミンも
兼ねて病院へ行きたいが、なかなか行けずにいる。
バ〜さんは至って快調。高低血糖の様子もとんとない。
ヨード液でのお口の消毒も良い子に我慢している。
(ジェイはヨードを嫌がってしょうがないが)

インスリンでコントロールができていれば、
道理では飲料は減るはずなのに相変わらず飲料は多い。
何故だろう?
飲料が多いということは尿量も多い。
尿量が多いということは猫砂の減りも早い。
右欄の経費累計には記載していないが、
糖尿病発祥以来、ドカッと猫砂も消費している。

シリンジ購入
(持ち帰り)
シリンジ
1本80円
x84本
(1箱)

6720円

---------

6720円
(税336円)
▲1
合計
7055円
527801円


【1051日目】


お揃のクッションを2つ並べて置いておけば、
必ず、仲良しジェイバ〜コンビが並んでお昼寝をする。
いつも一緒のじーさんばーさん。





夢見中のバ〜

みんなと一緒に日向ぼっこ

ホカペでまったり


1027日目

1028日目
歯肉炎進行

1027日目
両上奥歯の歯と歯茎の境目に、歯垢のような
膿のような白いものが溜まるようになった。
右上下犬歯にも若干付いている。
右上犬歯は歯茎も少し赤くなり腫れ、
右下犬歯は歯茎が減ってきている。
糖尿病の合併症でしょうがないとはいえ、
どうにもできないのが辛い。
毎日消毒をしてなるべく化膿は防いでいるが。

1028日目
毎日、ヨード液&オーラルスプレーをしていたが、
ヨード液は粘膜の常在菌叢まで破壊するらしい。
(ヨード液は、悪い細菌を退治するけど、
 他の菌が入り込むのを防ぐ良い細菌もやっつける)
とうぶんスプレーのみに、ヨードはたまにすることにする。
スプレーする前に綿棒で歯垢を取り、
左右の歯と歯茎にかかるよう丁寧にシュッする。
----------- 527801円
1041日目

1056日目
お口くさ〜い/24本目インスリン

1041日目
前回の病院Cでの診察内容を含めお話。
病院Cでは処置なし状態だったが、
歯肉炎の治療方法はあるにはあるらしい。
歯肉炎による痛みを抑える方法としては、
 ・歯を抜く(食べる時にあたって痛いので)
 ・歯茎をレーザーで焼く(歯肉を再生させる)
バ〜の場合、糖尿病なのでレーザー手術をするとなったら
手術前の食事抜きなど、インスリンや血糖値の関係で
コントロールが難しく、長時間入院など面倒ではある。
今のところ、食べられる程度なのでイザとなったら考えよう。

24本目インスリン購入。

1056日目
24本目インスリン突入。
(メモリ3.5&3.0----17本目43日間、18本目は44.5日間、
 19本目43.5日間、20本目43.5日間
 21本目44日間、22本目44日間、23本目45日間で消費)
(持ち帰り)
インスリン
注射液
(3ml)

---------

7000円
(税350円)

合計
7350円
535351円
1062日目 尿ペーハー

シーさん、ジェイ、ヤムヤムと尿pHの高くなりがちメンバーの
フードを替えたこともあり尿pHを検査したのがきっかけ。
シーさん、ヤムヤムがpH高め。フードが原因か?と思ったが
ついでにバ〜のpHも検査したらpH7近くあるではないか!

※健康な猫の尿pHは6.4前後。詳しくは
 「猫の尿検査、尿pHについて」に記載。
 左のカテゴリーメニューからどうぞ。
(左にご案内が表示されていない人はこちらから)

寒くてトイレを我慢していたのが原因か?
朝はpH7.0くらいだったが、午後は6.3くらいになっていた。
いつもに増して、水碗をお湯に換える回数を増やして、
みんなに飲料&トイレ増進を促す。
水道水のpHを調べたら、以前よりも少し高くなっていたので
それも原因の一つかもしれない。

シリンジ購入。
(持ち帰り)
シリンジ
1本80円
x84本
(1箱)

6720円

---------

6720円
(税336円)
▲1
合計
7055円
542406円
1065日目 朝晩の違い

朝晩、ごはんの時間は、あいかわらず
〔ごはん〜!ごはん〜!〕と元気いっぱい。
食いつきは良いものの食べるのは遅い。
ここのところ、朝はゆっくり食べ、数粒残すことがある。
夜も食べるのは遅いものの、残さず完食。
この違いは?

処方食購入。
処方食
ロイヤルカナン
糖コントロール
4Kg
5406円
(税込み)

---------

5406円
送料0円
割引など
▲2234円

合計
3172円
545578円
1098日目

1099日目
篤くて熱い?/25本目インスリン

1098日目
良い感じに安定した日々。
若干血糖値が高いのか、飲料尿回数多め。
水飲み促進のため、冬場、水碗は常温の水と微温湯を
用意しているのだが、バ〜は冷たい方を好んで飲む。
血糖値の高い時は、涼しい場所を好む傾向もあるし、
高血糖時は熱く感じるものなのかもしれない。

本日獣医師さんから仕入れた情報。
血液検査は尿検査と同じく、空腹時の血液の方が
正確な数値が出るらしい。

25本目インスリン購入。

1099日目
25本目インスリン突入。
(メモリ3.5&3.0----17本目43日間、18本目は44.5日間、
 19本目43.5日間、20本目43.5日間、21本目44日間、
 22本目44日間、23本目45日間、24本目43日間で消費)
(持ち帰り)
インスリン
注射液
(3ml)
7000円

シリンジ
x84本
(1箱)
6720円

---------

13720円
(税686円)
▲1円

合計
14405円
559983円



まだまだバ〜の治療生活は続きます

バ〜の闘病記 つづきはこちら




★お買物の際のご注意★
参考商品は直接 当サイトから販売するのではなく、
リンク先の販売店によって行われています。お買い物をされる場合は、
個人の責任において、リンク先サイトの規約をよく読んでご注文して下さいね。

★免責事項★
商品の売買契約は、お客様と各リンク先のショップによる直接契約となります。
商品詳細、取扱商品、サービス、損害、損失、障害については
一切の責任を負いかねますのでご容赦ください。




猫の病気の予防にはふだんからの健康管理が一番大切です。
いつもと変わりはないか、元気にしているか、
同居人さんは猫さんとのコミュニケーションから猫さんをよく「見る」ことを心がけましょう。

著者館主は動物のお医者さんではなく素人です。
記載しているものは、個人的にお勉強したものの一部で、バ〜の症状を例にした事例などです。
ですから(もちろん)診察に代わるものではなく、治療を指示、治癒を保証するものではありません。
正確性も確実ではないかもしれませんし、館主が責任を負えるものではありません。
あくまでも一例として参考に、館主のお勉強ノートの公開と思って下さい。
猫によって糖尿病の症状や治療は違います。
糖尿病に病んでいる猫さんが一匹でも元気に幸せに暮らせることを祈っております。

猫さんに心配事、治療法や予防法に関して、糖尿病についての詳しい知識などは
主治医さんに早めにご相談して下さいね。



※左にご案内(カテゴリーメニュー)が表示されていない場合は
こちらからお入り下さい。別窓でトップが開きます。

空猫軒TOP



** 無断転載禁止 **
Copyright (C)SORANEKO-KEN,2012 All Rights Reserved.
【空猫軒】
inserted by FC2 system