空猫軒TOP
【バ〜の闘病記 5】

空猫軒のぶち猫バ〜の糖尿の闘病記を公開します。
病気発覚から治療、費用等もあわせて記載しております。
ご参考になさって下さい。






患猫:バ〜(BAVAROIS)
性別:オス
年齢:7歳で発病
毛皮:ババロア色のブチ
性格:おしゃべり、潔癖
苦手:運動、臭いもの
日課:手洗い


【1100日目から】

** 発病1100日目からの記録です **

経過 ■症状経過など バ〜の家計簿 累計
1104日目 そうすればこうなる

冷たい水を好んで飲み、涼しいところを選んで寝、
結果、お腹の調子が……。
うんこ柔らかめのバ〜さん。ひどいほどではないが。
あたたかくするよう指示する。
それ以外は、痩せているが元気。

痩せ防止にちょっと多めに食べているので、
(もちろんインスリンとの兼ね合いも考察し)
処方食の減りが早い!

処方食購入。
処方食
糖コントロール
4Kg
5993円
(税込み)

---------

5993円
送料0円
割引など
▲2055円

合計
3938円
563921円
1129日目

1138日目

1141日目
26本目インスリン

1129日目
処方食購入。


1138日目
シリンジ、インスリン購入。

1141日目
朝、茶色の水を少しだけ吐く。
1125日目、1138日目にも吐いていた。
毛玉吐きかと思っていたが、何れも高血糖時間なので、
血糖値が高いのが原因かも。でも辛そうではなく元気。
「高血糖です!」という時のポーズや顔はしない。

1143日目
26本目インスリン突入。(25本目43.5日間で消費)
(メモリ3.5&3.0----43〜45日間)
処方食
糖コントロール
4Kg
5406円
(税込み)

---------

5406円
送料0円
割引など
▲2457円

合計
2949円
566870円
-- シリンジ品薄

インスリン(ランタス)は通常どおり生産、
物流体勢確保との発表なので一安心なのだが、
インスリンがあってもシリンジがなければ意味がない。

バ〜の使用しているシリンジ(BDロードーズ)が、
震災の影響で在庫薄。
日本BD(ベクトン・ディッキンソンアンドカンパニー、
BDロードーズ取扱いの日本支社)
福島配送センターが、東日本大震災(2011.3.11)
により業務を停止。
東京の臨時配送センターにて業務、2011.3.28より、
福島配送センターにおける業務を再開しているものの
福島原子力発電所の状況等が悪化した場合には、
再度福島配送センターの業務停止の可能性もあり。
順次輸入して配送業務を再開しているが、
ペン型注入器を優先とのニュース記事あり。
そして、当たり前のように人間が優先。
よって、動物病院にはまわってきていない状態。
物流体勢が通常に戻るまでには時間がかかりそう。
とりあえず、病院在庫の分を購入できたが、
その後の分がない。
シリンジの再利用は感染症の恐れがあるので不可
(特にバ〜は抵抗力がなくなっているので危険)。
注入量によっては、他のシリンジでも代用できるが、
バ〜の場合、それも無理と分かった。
個人が焦ったところで、どうにもならないのだが、
命に係わるので、バ〜の為にも、糖尿病その他の
動物達の為にも、物流が1日でも早く戻ることを祈る。
(持ち帰り)
インスリン
注射液
(3ml)
7000円

シリンジ
x84本
(1箱)
6720円

---------

13720円
(税686円)
▲1円

合計
14405円
581275円
1174日目 吐き

また茶色の水を少量吐く。
1145日目、1155日目にも吐いていた。
何れも朝食前の高血糖時。
1144日目は目の周りの粘膜が
ベージュっぽい気もした。(黄疸?)
バ〜自身は余裕吐き(ピンチ時はその場で吐くが、
余裕時は綺麗好きなバ〜は猫トイレへ行って吐く)。
安定していたので長らく病院へ行っていなかったが、
折り合いを見て、久しぶりに検査に行かねば。
-- 581275円


【端午の節句】


端午の節句。柏餅(の餡子)に変装中のバ〜。





ラクトフェリン
(1183日目記載)

病院から帰宅後
やれやれ顔のバ〜

痩せてるけど
ちょっと肥えたバ〜

【ラクトフェリン・口腔治療補助食】

1183日目に口内炎のサプリメント ラクトフェリンを1包貰う。
ラクトフェリンは牛乳に含まれる蛋白質。抗微生物作用がある。
細菌、真菌、ウイルスなどの増殖を抑制する効果がある。
が、猫の口内炎での使用者の感想は賛否両論ではある。
「口内炎が良くなった!」という人もいれば、
ラクトフェリンは腸で分解されないと効果がなく、
胃のペプシンで分解されるとラクトフェリンの効果はなくなるので、
そのまま食事に混ぜて与えても意味がないとの意見も。
もともと薬ではなくてサプリメントなのだから、
効果があればラッキーというところだろうか。

ラクトパウダー(猫用)30g   コロストラムパウダー(猫用)30g



1183日目 通院

久しぶりの通院。み〜さんといっしょ。
興奮していたので血液検査はなし。口内炎を診て貰う。
歯肉が下がり歯根が出てきているので痛いだろう。
抜歯をするなら、糖尿病なので血糖値など
手術前後の検査が必要になり、やはり2泊3日は必要。
だが、バ〜の場合、病院へ行くことによって興奮し、
血糖値が上がってしまうので考えどころ。

最近、食事の器を傾斜のあるものにしたら、食べやすいようで
食べるのが早くなった。食事による痛みは左程なさそう。
ラクトフェリン(上画像)を1包貰う。
「バ〜の闘病記4」に記載のVetzLifeオーラルケアスプレーを
時々しているが、毎日するようにして経過をみる。

朝の高血糖(かもしれない)の吐きについて。
現在使用のランタスは長時間作用型なので、
短時間即効性のものと組み合わせて使用するという方法で、
効き時間を調整することも可能。
1日2回のインスリン注射を、3回にするというパターンもあり。
ただバ〜の場合、多少吐きはあるものの、
高低血糖ポーズも取らず、ふだんは元気にしていて
コントロールできているので、とりあえずはこのままで。

体重:4.45Kg
増えた!
1012日目は3.95Kgだった。目標の4.5Kgは射程距離。

27本目インスリン購入。シリンジ1箱購入。
再診料
500円

(持ち帰り)
シリンジ
1本80円
x84本
(1箱)
6720円

インスリン
注射液
(3ml)
7000円

---------

14220円
(税711円)

合計
14931円
596206円
1185日目

1186日目

1190日目
27本目インスリン

1185日目
処方食購入。

1186日目
27本目インスリン突入。(26本目43日間で消費)
(メモリ3.5&3.0----43〜45日間)

1190日目
夕刻、舌を出している。深夜、口をクチャクチャさせる。
口クチャは歯肉炎で気持ち悪いのが原因かもしれないが、
舌出しは緊張、興奮している時にバ〜がする仕種なので
血糖値が高いのかもしれない。
処方食
糖コントロール
4Kg
5406円
(税込み)

---------

5406円
送料0円
割引など
▲51円

合計
5355円
601561円
1202日目 あっかんバ〜!

最近よく舌を出していることがある。
体調抜群の時もしているので、
やはり歯肉炎が気持ち悪いのだろう。
口内治療入院を考慮した方が良いのかもしれない。
〔舌出し日memo〕
1190日目、1193日目、1194日目、1201日目、1202日目
-- 601561円
1213日目 歯の相談

時々「チッ!」と舌打ちをしている時がある。
痛そうに顔を歪め、口元を触られるのを嫌がる。
歯と歯茎の間から膿のようなものが出ている。
臭いよだれを垂れる。歯肉が下がってきている。
主治医さんに相談する。(バ〜はお留守番)
症状から「歯頸部吸収病巣」かも?と疑い。
(歯垢から炎症し、歯茎が下がり歯根部が溶けていく病気)
歯頚部…はとても痛く食べられず食欲がなくなって
痩せるものだが、バ〜の場合、ふだんは左程痛そうでもなく
体重は増えてさえいる。違うのか……も?
近日中にバ〜を連れて行き、歯頸部吸収病巣なのか、
歯石除去、レーザー治療、抜歯など現状に最適な
治療範囲、治療法を診断して貰うことにする。
-- 601561円


【1202日目】


バ〜さんは最近「チッ!」と舌打ちする。生意気な。
バ〜さんは最近「ベ〜」とあっかんべをする。生意気な。
しかしバ〜としては、決してふざけているわけではなくお口が気持ち悪いのだ。
口内の炎症、糖尿病による慢性合併症と思われる。
真面目な話なのだが、切実な問題なのだが、意に反して、
ふいにバ〜を見た時など、思わず笑いそうになる。しかし、笑いごとではない。
でも……やはり、おもろかわいいではないか。





豪快なお昼寝姿
なんでやねんポーズ

お口が気持ち悪い
あっかんバ〜

カゴに嵌って
コンパクト


1220日目

1227日目

1229日目

1230日目
口内診察・28本目インスリン

1220日目
処方食購入。


1227日目
お口を診てもらいにバ〜病院へ。
歯肉と歯の状態を診てもらう。

前の犬歯(牙)4本中3本は、歯根が見えて(歯茎が下がって)
きているので、抜く可能性大。
残した歯が唇を傷つけることを考えると、4本とも抜歯もあり。

既に抜けてる歯も有り(左上犬歯の次の歯)。
気づかなかった! 確かに1本足りない! いつの間に……

奥歯は歯石除去だけで良いかも。処置時の判断による。

歯肉のレーザー治療も必要ないかも。

処置をするなら入院手術。
バ〜の場合、処置後の血糖値の検査などがあり、
通常よりも観察が必要なので、2泊3日。
予算3〜4万円くらい。

体重4.5Kg


1229日目
28本目インスリン突入
(27本目43日間で消費)。


1230日目
インスリンを2時間ほど冷蔵庫へ仕舞い忘れ、
暑い部屋に置きっ放し。
問題はないだろうが、
せっかく新鮮な状態で冷蔵保存しているのにしまった。
これから、より暑い季節がくるので注意する。
処方食
糖コントロール
4Kg
5406円
(税込み)

---------

5406円
送料0円
割引など
▲2451円

合計
2955円

=========

再診料
500円

(持ち帰り)
シリンジ
1本80円
x84本
(1箱)
6720円

インスリン
注射液
(3ml)
7000円

---------

14220円
(税711円)

合計
14931円
604516円
=========

619447円
1269日目

1272日目
29本目インスリン

体調はすこぶる良い。
最近はお口も余り痛くない様子。

やはり血糖値が高いと熱く感じるのか。
以前からそう云う傾向は見られたが、
暑い日は人一倍(猫一倍)暑そうにしている。
ひんやりグッズを要求し、みなよりも毛羽立って(?)いる。
ケバケバして毛並みが悪いと言うよりも、
熱を放出しようとしているように見える。

1269日目
インスリン、シリンジ購入。

1272日目
29本目インスリン突入。
(28本目は43.5日で消費)
(持ち帰り)
シリンジ
1本80円
x84本
(1箱)
6720円

インスリン
注射液
(3ml)
7000円

---------

13720円
(税686円)

合計
14406円
633853円
1270日目

1271日目
おねしょ?

1270日目
処方食購入。

1271日目
お昼寝時間、バ〜がなにやら報告にくる。
太腿が少し濡れている。尿臭くはない。水?
と、思いきや、バ〜が寝ていた所に小さな水溜り。
股を拭いたら、おしっこの滴が出た。
その後、猫トイレにいっておしっこをするバ〜。
前日にも、猫マットが濡れてたのもバ〜の尿だったのか?
処方食
糖コントロール
4Kg
6139円
(税込み)

---------

6139円
送料0円
割引など
▲4361円

合計
1778円
635631円
1274日目

1275日目
歯抜け

1274日目
最近は「歯が痛いよ」と舌打ちや舌出しを余りしなくなったが、
いづれお口の治療をして貰おうと(年配になる程、
手術の麻酔や回復に負担がかかりそうなので)
予定検討していた矢先……、歯根部が見えていて
一番痛そうだった左上犬歯がグラグラ揺らいだ。
まだ根の方はしっかり付いているので、無理に抜いて
根が残ると困るのでそのまま様子をみる。

1275日目
歯がぐらついた翌日、あっけなく抜ける。
ころりと転がる抜け歯を見てみると、歯根がぼろぼろ。
これはもしや、歯頸部吸収病巣ではないか?!
残しておいて、次回獣医師さんに見てもらおう。

歯抜け日から4日間、1日1回夜にヨード液で消毒。
-- 635631円


【1234日目】


バ〜の闘病生活も1234日目。
そんなバ〜の最近のご自慢は、
頭に賽子キャラメルの小箱を乗せて、落とさないこと。





左上の抜けたキバ

歯頚部吸収病巣の簡単な図

バ〜の抜け歯の簡単な図

【歯頚部吸収病巣】

1275日目に抜けた歯を(1279日目通院時)見てもらう。(上画像左)
バ〜の歯は、歯根部は溶けているが、所謂、歯頚部吸収病巣ではなかった。
(歯根が溶けてはいるから、ある意味そうでもある)
歯頸部吸収病巣は歯は綺麗で、歯根がえぐれるように溶けてなくなる。(上画像真ん中)
が、バ〜の歯は、歯肉が下がって歯根まで歯石が付いて、歯が溶けている。(上画像右)



1279日目 雄叫び

突然、聞いたことのない声で「ギャオ〜ゥ」2、3回叫ぶ。
興奮し、爪を出し枕にしがみついている。
数分後おさまり、その後、辛そう。この間、10〜15分程度。
低血糖のぼーっとした感じとは違う。歯肉が痛い時とも違う。
すぐに病院へ連れて行く。
既に通常に戻ってるが、ちょっぴり舌出し興奮状態。
(これは先程までの興奮と違い、普段の病院嫌嫌興奮)。

突然叫ぶ原因としては、体のどこかが痛いほか、
神経性のもの(脳腫瘍とか)の場合もあり。
その場合、検査は麻酔をしてMRIになる。
脳腫瘍の場合、暗い場所に行く、明るいのを嫌がる、
ぶつかる、叫ぶなど、ふだんと違った行動をする。
今後(特に同じ時間帯)このような行動がないか要観察。

血液検査をして低血糖かどうかは分かるが、
既に興奮してるので(結果は見えているので)やめる。

忘れず、抜け歯持参。歯頸部吸収病巣かどうか見てもらう。
(詳細は上記)

体重:4.75Kg 予定どおり順調に増えている。
再診料
500円

---------

500円
(税25円)

合計
525円
636156円
1307日目 安定

1279日目以降、雄叫びはなく安定している。
結局、あの時一度だけの豹変だった。

左上犬歯が抜けてからは、口内の痛みもなくなり
とても過ごしやすそう。
元気なバ〜に戻った。


処方食購入。
処方食
糖コントロール
4Kg
5380円
(税込み)

---------

5380円
送料0円
割引など
▲3431円

合計
1949円
638105円
1311日目

1315日目

1324日目
30本目インスリン

1311日目
インスリン、シリンジ購入。


1315日目
30本目インスリン突入。
(29本目は43日間で消費)


1324日目
我が家のお食事タイムは、みなで一斉に食べる。
食べるのが遅いバ〜は居残り給食が嫌で残してしまう。
インスリンの関係上、きっちり分量は食べないといけない。
居残りは嫌だけど、数分後、一匹で食べるのは良いらしい。
(どう言う違いがあるのだ? バ〜の方程式)
試しに処方食をふやかして与えてみたところ、
おいしい香りと、食べやすさで、多少みんなより遅くとも
一気に完食するようになった。
以降、朝食は半分固いまま、半分ふやかし、
夕餉は全量ふやかし給餌に。
(持ち帰り)
シリンジ
1本80円
x84本
(1箱)
6720円

インスリン
注射液
(3ml)
7000円

---------

13720円
(税686円)

合計
14406円
652511円
1357日目

1358日目
31本目インスリン

「口が痛いよ」と舌打ち、舌出ししていたバ〜だが、
犬歯が抜けて以来、口内の痛みを訴えることがなくなった。
あいかわらず口は臭いが。

処方食もふやかして与えるようになってから、
食べるのも苦ではなくなったようで、がつがつ食欲旺盛。

今現在の状況では、敢えて高血糖になるのが分かっている
入院をしてまで口内をきれいにして貰う必要性がない。
とも思える……
が、年齢を考えるとするなら早いにこしたことはない。
半年をタイムリミットに考えよう。

インスリン、シリンジ購入。

1358日目
31本目インスリン突入。(30本目は43日間で消費)
(持ち帰り)
シリンジ
1本80円
x84本
(1箱)
6720円

インスリン
注射液
(3ml)
7000円

---------

13720円
(税686円)

合計
14406円
666917円


【1389日目】


歯が抜けていくバ〜。
歯抜けのおかげで歯肉の痛みも去り、食べやすくなったので、
バ〜的には喜ばしいことなのだ。
しかし、右上犬歯と左下犬歯が抜けた為、てれこになってヘンな顔。
なんとも……滑稽である。





腕枕で寝るバ〜

上歯がないと突き刺さる

抜けた右下犬歯


1362日目

1384日目
謎の鼻水

1362日目
処方食購入。

1384日目
お昼寝から起きたバ〜の鼻の下が光っている。
よ〜く見ないと分からない程度(0.5mmくらい)に、両鼻穴下。
ティッシュで押さえてみたら、薄いピンクの鼻水(なのか?)。
ピンクと言うことは、血が混じっていると言うことか。
しかし、バ〜は元気。
鼻炎や副鼻腔炎が悪化すると血混じりの鼻が出るらしいが、
それは粘着質らしいので、これとは違う。
鼻水なのか?何かがついたのか?様子を診ることにする。
処方食
糖コントロール
4Kg
6139円
(税込み)

---------

6139円
送料0円
割引など
▲3061円

合計
3078円
669995円
1389日目 3本目歯抜け

また歯が抜けた。今度は右下犬歯。
歯肉炎が一番酷かった歯。
この数が月で3本目の歯抜け。
1227日目に気づいた左上前臼歯1(牙の次の歯)、
1275日目に抜けた左上犬歯、そして今回で3本目。

歯が抜けたといえば悲惨な感じがするが、バ〜の場合
歯肉炎が緩和され良い傾向。今回抜けた歯は、
歯肉も下がり見るからに痛そうだったので抜けて良かった。

半年ほど前から歯肉が痛いと言っていたのが嘘のように、
前回の左上犬歯抜けで痛みもなくなり、
今回の抜けで口臭も半減、臭いよだれも止まった。
歯のお掃除入院をするかどうか悩んでいたが、
抜歯しなくても勝手に抜けていくのなら、もう入院必要ない?
歯抜け穴をヨード消毒。
-- 669995円
1397日目

1402日目
32本目インスリン

1397日目
インスリン、シリンジ購入。

1402日目
32本目インスリン突入。 31本目は44日間で消費。
バ〜の場合、1本平均43〜44日で消費する。
(BDロードーズ 0.3mL Y29G 使用。
 1日2回、3.5メモリ+3.0メモリ)
インスリンをシリンジに注入時、空気が入った時に戻す
インスリン内の空気の入り具合で誤差が出る。
注射針と注射筒の接続部分があまいシリンジは、
空気が入りやすいように思う。
一度、何度やってもこれでもか!と言うほど空気が入る
シリンジがあった。目で見て接続部分に隙間が分かった。
製造中のミスなのか、衝撃が原因なのか、
とてもデリケートなシリンジだ。
(持ち帰り)
シリンジ
1本80円
x84本
(1箱)
6720円

インスリン
注射液
(3ml)
7000円

---------

13720円
(税686円)

合計
14406円
684401円
1399日目 絶好調

痛かった犬歯が抜けてからというもの、
元気満点絶好調のバ〜。

長らく体重を量っていないが、増えもせず減りもせずな感じ。
あいかわらず脚に脂肪は少ないが、腹には若干ついている。
もう少し脂肪をつけたいところ。
皮下の脂肪が落ちているせいで、毛並みは悪い。


処方食購入。
処方食
糖コントロール
4Kg
6139円
(税込み)

---------

6139円
送料0円
割引など
▲1213円

合計
4926円
689327円



まだまだバ〜の治療生活は続きます

バ〜の闘病記 つづきはこちら




★お買物の際のご注意★
参考商品は直接 当サイトから販売するのではなく、
リンク先の販売店によって行われています。お買い物をされる場合は、
個人の責任において、リンク先サイトの規約をよく読んでご注文して下さいね。

★免責事項★
商品の売買契約は、お客様と各リンク先のショップによる直接契約となります。
商品詳細、取扱商品、サービス、損害、損失、障害については
一切の責任を負いかねますのでご容赦ください。




猫の病気の予防にはふだんからの健康管理が一番大切です。
いつもと変わりはないか、元気にしているか、
同居人さんは猫さんとのコミュニケーションから猫さんをよく「見る」ことを心がけましょう。

著者館主は動物のお医者さんではなく素人です。
記載しているものは、個人的にお勉強したものの一部で、バ〜の症状を例にした事例などです。
ですから(もちろん)診察に代わるものではなく、治療を指示、治癒を保証するものではありません。
正確性も確実ではないかもしれませんし、館主が責任を負えるものではありません。
あくまでも一例として参考に、館主のお勉強ノートの公開と思って下さい。
猫によって糖尿病の症状や治療は違います。
糖尿病に病んでいる猫さんが一匹でも元気に幸せに暮らせることを祈っております。

猫さんに心配事、治療法や予防法に関して、糖尿病についての詳しい知識などは
主治医さんに早めにご相談して下さいね。



※左にご案内(カテゴリーメニュー)が表示されていない場合は
こちらからお入り下さい。別窓でトップが開きます。

空猫軒TOP



** 無断転載禁止 **
Copyright (C)SORANEKO-KEN,2012 All Rights Reserved.
【空猫軒】
inserted by FC2 system