空猫軒TOP
【猫のCARE】

お家でできるかんたんな治療と、ふだんの猫のお手入れ方法。
猫の目薬、便秘、爪きり、シャンプーなどの仕方をご紹介。







【猫のかんたんな治療】


● 猫の便秘 ●


 便秘の時は、バターもしくはサラダ油を小さなスプン2杯飲ませます。
 ほとんど、吸収しないのでうんこと一緒に体外へ出ます。
 オリーブオイルは良い香りなので、喜んで舐める猫もいます。
 マーガリンやサラダ油など、植物性の油があわない子には、動物性のバターが良いでしょう。

 上記のようにバターを使うのは、ふだん便秘にならない猫の場合です。
 常に便秘でうんこが出ない場合は、主治医さんに相談してください。
 猫にあった便秘の改善薬がありますので、処方してもらいます。

 ◆ピアーレシロップ(ニ糖類)・・・便を軟化するシロップ。2〜5cc食事に混ぜる。
 ◆ラキソセリン液・・・下剤。2〜10滴、食事に混ぜる。

  いづれも、適量を調べなければいけません。既に腸内で固まってしまった便には効きません。
  ピアーレシロップ、ラキソセリンは、動物病院で適量を調べ処方して貰います。
  固まってしまっている便は、グリセリンなどで便を柔らかくして出すなどの処置がありますので、
  主治医さんに相談して下さい。

  軽い便秘の場合は、お腹のマッサージが効果的です。優しく下腹部をなでなでして下さい。



■自宅で与えられる便秘用サプリメント・ハーブ■



ベンスルー レギュラー(猫用)

アミノコンプレックス バイオファクター

アーガイルディッシュ オーシャンプラス (猫用)

消化ハーバルティー

アーガイルディッシュ ヨーグファーム (猫用)

POCHI HP・MAX(猫用)

※商品名、商品画像をクリックすると販売サイトが別窓で開きます。


 ■注意■

  うんこは、精神的に(知らない場所に行くなど)緊張したり、
  フードの影響で出ない場合がありますが、おしっこが出ないというのは大変危険です!
  一日でもおしっこが出ない場合は、即病院へ連れて行って下さい。命の危険があります。




● 猫の食欲不振 ●


 高脂肪、高カロリーのバターは、食欲不振の猫に効果的です。
 便秘ぎみの猫には、便を柔らかくし、お通じを良くしてくれます。
 ただし、植物性のマーガリンは相性が良くない猫もおります。
 24時間以上食欲がない場合は、病気の可能性がありますので、必ず病院へ連れて行きます。





● 猫に熱がある時 ●


 微熱の時は、冷たいミルク(猫用ミルク)や、猫ミルクセーキを飲ませます。
 それでも下がらない時は病院へ行ってお薬をもらって下さい。
 もちろん高熱の場合は、すぐに獣医師さんの診断をうけさせて下さい。

 ※猫用ミルク、猫ミルクセーキについては「猫お食事辞典」で紹介しています。
  左のカテゴリーメニューからどうぞ。
 (左にご案内が表示されていない人はこちらから)


■猫の体温の測り方■

 猫の体温を測る時は、体温計の先の銀色の所を水かオイルで濡らして、
 肛門にさして3分間はかります。
 猫は体温を測るのは苦痛なので、体調が悪そうな時にだけ検温します。

 ※標準体温 38.0〜39.0℃(冬は低め)




● 猫の目の炎症、目やに ●


 精神的なことや肉体的に疲れている時、目やにが出ることがあります。
 目やには、湿らせたティシュで拭き取ってあげます。
 瞳や膜を傷つけないように、優しくそっと拭き取ってあげて下さい。
 子猫の場合は寝起きに目やにが出ることがよくありますので、余り気にしなくても大丈夫です。
 ひどい場合は病気の可能性があるので、獣医師さんにみてもらって下さい。

 ムラサキツユクサの近くにいたり、ショウジョウバエ(子蠅)がいると、
 炎症をおこし瞳の色が濁ることがあります。
 目薬をさして洗い流すとよいのですが、余りひどい場合は病院へ連れて行って下さい。


 ■目薬の作り方■
 1)200c.cぐらいのコップに、熱湯を8分目いれます
 2)塩を3つまみ(女性の指で5つまみ)入れて溶かします
 3)残りの2分目水を入れます
 4)冷めたら、先が細い容器(スポイド、針のない注射器など)に入れます
 5)悪い目に直接ピューっと注します
   コットンに湿らせて拭く時は、右目と左目は違うコットンを使います
   何日も治らない場合は病院へ

※猫用目薬は人間が使ってもOKですが、
人間用の目薬は猫には絶対に使わないで下さい。




● 猫の肥満 ●


 前足を持って立たせ、下腹部がたるんでいたら肥満の可能性があります。
 肥満は心臓、肝臓機能の低下や骨、関節の病気の発生率が高くなります。
 肥満した猫は寿命も短いといわれます。食事で調整しダイエットします。
 栄養が取れ、カロリーが抑えられた肥満猫専用のキャットフードを与えましょう。

 ※肥満については「猫の肥満」で解説。
 左のカテゴリーメニューからどうぞ。
(左にご案内が表示されていない人はこちらから)










【猫の日常的なお手入れ】


● ブラッシング ●


 猫の健康ときれいな毛並みを保つため、日ごろからグルーミングを行いましょう。
 特に抜け毛のシーズンは、まめにブラッシングをして、猫が毛を飲み込む負担を減らしましょう。
 ブラッシングによりゴミ、フケ、抜け毛を除去できます。
 ブラシで皮膚を刺激させることにより、発毛促進、きれいな被毛を維持できます。
 猫とのコミュニケーションにもなり、大切な行為です。

 ブラシにはいろいろな種類があります。
 死毛をよくキャッチできるスリッカーブラシや、皮膚に優しいラバーブラシなど、
 あなたの猫さんにあったものを選んであげて下さい。


ハンター スリッカー お手入れコーム付




● 爪きり ●


 爪は、前足だけ、爪が伸びたら切ってあげます。(1ヶ月に1、2回程度)
 足の裏の肉趾(肉球)を押して爪を出し、爪切りで先端の1〜2mm位を切ります。

 爪の中には肉(肌色の部分)があるので、深爪しないように注意して下さい。
 猫用の爪きりやヤスリを使うと便利です。
   ※爪の中に透けて見えるピンクの部分は切ってはいけません!

 猫の爪切りをしないと、爪がのび過ぎて肉球に食い込み、歩くたびに痛みを感じたり
 怪我をする場合があります。同居人さんがまめにカットしてあげましょう。
 切るのが怖い人は、ペットのグルーミングをしてくれるお店や動物病院で切ってもらいましょう。
 一度、実際に切る実演を動物病院で主治医さんに見せて貰うもの良いです。




● シャンプー ●


 猫は肉球以外、汗をかきません。
 室内飼いの場合は、あまりシャンプーをする必要はありません。
 でも、若干毛皮にも皮脂が溜まるので、シャンプーをするとすっきりします。
 シャンプーをする時は、ぬるめのお湯で洗います。
 人間用のシャンプーは猫にはきついので、ペット用シャンプーを使用して下さい。



POCHI スカルプケアソープ

シーディーム 猫&細毛犬用セラピーシャンプー (猫用)

リモ ナチュラルプラントウォーター アクティブ (猫用)

※商品画像、商品名をクリックすると販売サイトが別窓で開きます。




 人間の肌phは弱酸性です。猫の皮膚のpHは7.5と中性でデリケートです。
 猫に人間用のシャンプーを使うと、pHバランスが崩れて、
 禿げができたり皮膚トラブルの原因になる場合があります。

 猫用シャンプーがない場合は中性洗剤(家庭内では食器洗剤が中性洗剤)で洗います。
 ただし食器用洗剤は皮膚の油分が不足しますので、常時シャンプー代わりに使いません。
 あくまでも緊急用の代用品としての使用に留めて下さい。

 タオルドライした後、ドライヤーで乾かします。
 熱風を一ケ所に集中させないように注意して下さい。
 ドライヤーを怖がる子は、タオルでしっかり水分を吸い取って下さい。

 シャンプー後3時間は、湯冷めして風邪をひきやすいので注意して下さい。


 水で泡立てて洗わず、被毛に吹きかけブラッシングをし、
 洗浄・消臭するスプレータイプのものもあります。



※商品画像をクリックすると販売サイトが別窓で開きます。




★お買物の際のご注意★
参考商品は直接 当サイトから販売するのではなく、
リンク先の販売店によって行われています。お買い物をされる場合は、
個人の責任において、リンク先サイトの規約をよく読んでご注文して下さいね。

★免責事項★
商品の売買契約は、お客様と各リンク先のショップによる直接契約となります。
商品詳細、取扱商品、サービス、損害、損失、障害については
一切の責任を負いかねますのでご容赦ください。



上記内容は館主が文献などで個人的にお勉強した一部です。
動物医療は日進月歩、また獣医師さんによって意見の相違がないこともありません。
したがって内容は絶対ではなく、館主も専門家ではない為、あくまでも参考程度になさって下さい。
猫様同居人さんは、身近に信頼のおける主治医さんを見つけることが
なによりも猫さんにとって安心です。
猫さんの健康面で心配事がある場合は、早急に病院へ連れて行ってあげて下さい。
人間語の話せない猫さんにとって、同居人さんは頼みの綱です。
普段とかわりはないか、元気か、毎日様子を観察してあげて下さいね。




※左にご案内(カテゴリーメニュー)が表示されていない場合は
こちらからお入り下さい。別窓でトップが開きます。

空猫軒TOP



** 無断転載禁止 **
Copyright (C)SORANEKO-KEN,2012,2014,2016 All Rights Reserved.
【空猫軒】
inserted by FC2 system