空猫軒TOP
【猫に危険な植物】

観葉植物にも猫がかじると中毒を起こしたり、
なかには死に至る物、かじらなくても猫のいる部屋に置いておくだけでもダメな物もあります。
猫にとって危険な植物は、部屋には置かないようにします。
猫に危険な植物リストと、もしもの時の対処法。







【身近にある危険な植物】


●ポトス、アイビー(きづた類)
 齧ったら毒です。ツタ類は猫の届かない場所か屋外に置いて下さい。

●ねぎ、玉ねぎ
 食べたら中毒をおこします。最悪の場合は死に至らせます。
 ※詳しくは「猫お食事辞典」に記しています。
 左のカテゴリーメニューからどうぞ。
(左にご案内が表示されていない人はこちらから)


●紫ツユクサ
 猫がいる部屋には置きません。
 紫ツユクサにたかる虫により、猫が目の炎症を起こすことがあります。


●アロエ
 樹液に含まれる物質が下痢を引き起こします。
 ひどい場合は獣医師さんによる治療が必要です。


●ポインセチア
 クリスマスによく飾る、赤い葉っぱの観葉植物です。
 これは「齧らなくても猫のいる部屋に置くだけでも元気がなくなる」とか
「悪い成分は検出されないから大丈夫」とか、色々な情報が飛び交っている植物です。
 詳細のある情報では
「茎からの樹液と葉に含まれる複合テンペルが原因で、嘔吐、下痢、
 口腔の灼熱感、皮膚炎の原因になる」と言われています。
 疑わしきはやめておこう!と言うことで、
 当館では危険な植物のくくりに入れています。





【その他 危険な植物】

アジサイ
つつじ
デージー
イチイ
ツツジ
カラー
キヅタ
月桂樹
ユリノキ
アザリア
アボカド
アイリス
スイトピー
しゃくなげ
アザレア
シクラメン
ヤドリキ
トリカブト
ルピナス
くわずいも
スズラン
極楽鳥花
ハイビスカス
クレマチス
デルフィニウム
ストレリチア
カラジウム
マーガレット
カーネーション
西洋ひいらぎ
ブルーベル
ブリムラ類
クリスマス・チェリースイセン
フィロデンドロン類(ヒトデカヅラ等)
オレアンダー(西洋夾竹桃)
イエロージャスミン
ディフェンバキア(シロガスリソウ)
テッポウユリ
ドイツスズラン
クリスマス・ローズ
ジフェンバチア





【中毒症状を起こした場合】

もしも猫が危険な植物をかじったり、触ったことが原因で中毒症状を起こした場合は、
口の中に残っているものを取り除き、獣医師さんへ連れて行って下さい。

なかには毒性のものもあります。早急に対処しないと命の危険があります。
有害成分が体内に入った場合、一時間以内に吐き出させないといけません。
病院へ行く時には、かじった植物を持参して獣医さんにみせて下さい。



※その他、猫に危険な野菜類は「猫お食事辞典」に記載があります。
猫が口にしても大丈夫な植物も記しています。
左のカテゴリーメニューからどうぞ。
(左にご案内が表示されていない人はこちらから)






上記内容は館主が文献などで個人的にお勉強した一部です。
動物医療は日進月歩、また獣医師さんによって意見の相違がないこともありません。
したがって内容は絶対ではなく、館主も専門家ではない為、あくまでも参考程度になさって下さい。
猫様同居人さんは、身近に信頼のおける主治医さんを見つけることが
なによりも猫さんにとって安心です。
猫さんの健康面で心配事がある場合は、早急に病院へ連れて行ってあげて下さい。
人間語の話せない猫さんにとって、同居人さんは頼みの綱です。
普段とかわりはないか、元気か、毎日様子を観察してあげて下さいね。




※左にご案内(カテゴリーメニュー)が表示されていない場合は
こちらからお入り下さい。別窓でトップが開きます。

空猫軒TOP



** 無断転載禁止 **
Copyright (C)SORANEKO-KEN,2012 All Rights Reserved.
【空猫軒】
inserted by FC2 system