空猫軒TOP
【猫のお薬の与え方】

薬を猫に飲ませる方法。
与え方、ポーズにはいろいろありますが、結論から言うと、
猫さんおよび同居人さんが一番苦痛がなく得意な方法が良いです。
錠剤と粉末のお薬の与え方を説明します。







【粉薬の与え方】


●そのままお皿や掌に乗せて、ペロペロ舐めさせる。

  苦くないお薬、おいしいお薬は気にせず(なかには喜んで)舐める子もいます。


●ウェットフードやバターに混ぜて、食事と一緒に与える。

  薬を気にせず(気づかず)ペロリと食べる子もいるが、
  なかには食べるのを拒否する子もいる。


●少量の水に溶かして飲ませる。

  全て舐めきらないと、残したら意味がない。
  喜んで舐める子(薬)もあれば、嫌がる子もいる。


●水に薄めてシリンジ(針のない注射器)に入れ、喉にむかってピュッと入れる。

  猫さんのお口を開けて、ピュッと点します。(猫さんのお口の開け方は下記詳細)
  シリンジは粉薬を処方して貰う時に病院で貰いましょう。



※下の画像をクリックすると取扱店が別窓で開きます。

サイペット スポイト (POCHI)
液状のサプリなどを飲ませたり計量できるスポイトです。



苦いお薬の場合、なかには涎をを垂らしたり、泡をふいて薬を吐き出そうとする子もいます。
せかっく投薬できても吐いてしまっては意味がありません。
おいしいおやつなどで包んで、味がわからないようにして薬ごと食べさせるか、
水で溶いでシリンジで飲ませる場合は、お口で味わわないように、すぐにゴックンと飲み込ませます。





【錠剤の与え方】


●口角をなでて、口を開けた時に薬を入れる。

  一番楽チンな方法です。
  これでゴックンと飲み込めたら成功!
  吐き出す子もいるので、ちゃんと飲んだかしばらく様子を見て、確認必須。


●口を開けて、薬を入れる。

  これも、きちんと飲んだか確認。


●猫の顔を上に向け、口を開ける。
 喉の奥にポンッとお薬を入れる。
 すばやく口を閉じて、喉をさすってゴックンさせる。

  この方法は昔からポピュラーですが、猫さん、同居人さん共に苦手が多し。
  全てにおいてすばやくするのがポイント。


●餌に混ぜて与える。
 かつお節やチーズ、ウェットフードなど猫さんの好きなもので包んで与える。

  気にせず薬ごと食べちゃう子もいれば、
  猫さんによっては「何か混ざってる!」と食べるのを拒否する子もいる。





【お薬を簡単に飲ませるサプリメント】

※下の画像をクリックすると取扱店が別窓で開きます。

サイペット フレーバードゥ (POCHI)

お薬をおいしく誤魔化して与えるアイテムです。
苦手なお薬を包んでおいしく!
フレーバードゥは、錠剤投与をスムーズにします。
かつお節の香りで大変嗜好性が高いので、
とっておきのおやつとしてもお使いいただけ、
大きさも自由に作ることが出来ます。









【粉末水溶きピュッの仕方】

「粉薬」+「水溶き」+「シリンジピュッ」が得意なので、この方法の詳細を下記します。

飲み薬を貰う時は粉薬とシリンジを頂くようにしています。
(病院、お薬によっては指定できる場合があります)

溶かす水は多過ぎても(たくさん飲まなくてはいけなくなる)、
少なくても(味が濃くまずい)いけないので分量の加減がポイント。



■ 準備手順 ■



<1> 器に水を入れ、シリンジで適量を吸い上げます。
<2> 残った水は捨てます。
<3> 器に粉薬を入れます。
<4> シリンジの水を器に戻します。
<5> 粉薬を水で溶かします。
<6> シリンジで吸い上げます。

----この手順だと、適量の水溶き薬ができます。



(針なしシリンジ)




■ 与え方手順 ■

※以下手順は錠剤の場合も同じ。


<1> 猫さんを股の間にはさみ座ります。

    向かい合わせでも、後ろ向きでもOK。
    後ろ向きの方がやりやすいのでおすすめです。(下画像:A)


<2> 口を開け、ピュッします。

    上を向かせると、ピュッゴックンしやすいです。(下画像:B)


<3> すばやく口を閉じ、喉をさすります。


<4> これでもかと言うくらい褒めまくります。


口内が気持ち悪そうな子には、お水を飲むようにすすめます。






【猫のお口を開ける方法】

犬歯(キバ)の後ろに歯の生えていない隙間があります。

そこに指を入れたら口を開きます。(上画像:C)







投与方法はいろいろありますが、得意な方法を見つけて下さいね。

慣れちゃえば簡単です。

お薬を与えた後に、おやつを一粒ご褒美に与えるのも良いです。

お薬によって与える時間が決まっている場合があるので、主治医さんに相談するのも良いです。




※皮下注射の仕方は「シリンジとインスリン、注射の仕方」に記載。
左のカテゴリーメニューからどうぞ。
(左にご案内が表示されていない人はこちらから)






★お買物の際のご注意★
参考商品は直接 当サイトから販売するのではなく、
リンク先の販売店によって行われています。お申し込みをされる場合は、
個人の責任において、リンク先サイトの規約をよく読んでご注文して下さいね。

★免責事項★
商品の売買契約は、お客様と各リンク先のショップによる直接契約となります。
商品詳細、取扱商品、サービス、損害、損失、障害については
一切の責任を負いかねますのでご容赦ください。



著者館主は動物のお医者さんではなく素人です。
記載しているものは、個人的にお勉強したものの一部です。
ですから(もちろん)診察に代わるものではなく、治療を指示、治癒を保証するものではありません。
正確性も確実ではないかもしれませんし、館主が責任を負えるものではありません。
あくまでも一例として参考に、館主のお勉強ノートの公開と思って下さい。

猫さんの健康面で心配事がある場合は、早急に病院へ連れて行ってあげて下さい。
どうしてもきちんとお薬を飲ませることができない人は、
主治医さんの元へ行き、目の前で実演してもらいましょう。




※左にご案内(カテゴリーメニュー)が表示されていない場合は
こちらからお入り下さい。別窓でトップが開きます。

空猫軒TOP



** 無断転載禁止 **
Copyright (C)SORANEKO-KEN,2012,2016 All Rights Reserved.
【空猫軒】
inserted by FC2 system