空猫軒TOP



【かくれんぼじゃらし】



** 猫じゃらしアレンジ玩具の作り方 **

ひょこひょこかくれんぼする猫じゃらしに猫さん興奮!
猫のおもちゃチラリズム! ひょこひょこ棒の動きに猫さんわくわく!

「かくれんぼじゃらし」は、2006年発行の
「CAT NEWS ネコちゃんパラダイス・猫の日新聞」(産經新聞メディックス)
でも掲載しています。







【材料・準備するもの】


・ペットボトル
・布
・棒
・リボン、毛糸など(愛猫さんのお好み素材のもの)
・ビニールテープ
・接着剤(または両面テープ)
・カッターナイフ

※棒と毛糸などの素材のかわりに市販の猫じゃらしでもOK

【あれば便利なもの・追加材料】
はさみ、ねずみのおもちゃ、鈴など





【ペットボトルをカット】

- - - -

ペットボトルを真ん中より下の部分で切り離します。
カッターで切り込みを入れてからハサミで切ると切りやすいです。
ペットボトル用のハサミもあります。

使用するのは、上部(飲み口のある方)です。

切り口をビニールテープで保護します。


バ〜、ハサミは危ないから気をつけてね。

ペットボトルハサミ PS-50H




【布を貼ります】



切り離したペットボトルの表面に布を貼ります。

布は端切れや使わなくなったハンカチを再利用しましょう。

両面テープを使うと簡単に貼れます。
ボンドで貼る場合は、完全に乾いてから猫さんにお披露目して下さい。

※透明のペットボトルの内部が、布で目隠しされることにより、
「かくれんぼ」になるので、必ず布張りをします。


【ひょこひょこ棒を作ります】



棒の先に、猫さんのお好みのおもちゃを付けます。

棒は先部分が取れて壊れてしまった猫じゃらしの棒や、
編み棒、箸など、身の回りにあるもをリサイクルします。

先につける玩具は、フェルトでマスコットを作ったり、
毛糸のボンボンをつけても楽しいですね。
ねずみの玩具、鈴、その他、愛猫さんのお好みのものを付けて下さい。

しっかり固定しましょう。
(ボンド、テープなど素材にあった接着方法で固定します)

ジェイのご希望で、今回はふわふわ毛をつけることにします。


【お手軽ねこじゃらし】



手芸の不得手な方には これがおすすめ。

布リボンを棒の先につけるだけで、
簡単ひょこひょこ棒のできあがり!
布リボンは猫さんに大人気アイテムです。

もちろん、市販のねこじゃらしを使ってもOK!

リボン シングルサテン6mm 【オレンジ】 I-RI-27orange




【できあがり】



最初に作った布巻きペットボトルに、
ひょこひょこ棒を通します。

これで「かくれんぼじゃらし」の完成です!


【モニタークー登場】



クーがやってきたので、さっそくモニターテスト開始!

ペットボトルの切り取った方を猫さんに向け、
反対側から棒を押し引きします。

すると、ひょこひょこ棒が猫さんの前でひょこひょこ動きます。

ゆっくり動かし……


【ひょこひょこかくれんぼ】



すばやく引くのがポイント!

棒を引き、ねこじゃらしをペットボトルの中に隠します。

クー……
反応し過ぎ……
ナイスリアクション!


【みんな集合】



「クー なにしてるにゃ〜?」

はしゃぐクーに誘われて、ほかの猫さんたちもやってきました。

「なになに?」

「おもしろいの?」

「ひょこひょこ棒、どこいったの?」

「ぼくも捕まえたいにゃ」


【みんなでシューティング】



気がつけば大盛況!

みんな、かくれんぼするひょこひょこ棒に、もう夢中です。

いつ、ひょこひょこ棒が顔を出すか、
全員狙いをさだめています。


「かくれんぼじゃらし」は大きく振らなくても、
猫さんと遊べるので 疲れません。
おじいちゃん おばあちゃんも、これなら楽ちん♪








★工作のご注意★
ペットグッズを手作りする際は、ケガをしないよう気をつけて自己責任で楽しく作って下さいね。
針や釘、糸、紐など猫さんに危険のあるものは注意して保管して下さい。




★お買物の際のご注意★
参考商品は直接 当サイトから販売するのではなく、
リンク先の販売店によって行われています。お買い物をされる場合は、
個人の責任において、リンク先サイトの規約をよく読んでご注文して下さいね。

★免責事項★
商品の売買契約は、お客様と各リンク先のショップによる直接契約となります。
商品詳細、取扱商品、サービス、損害、損失、障害については
一切の責任を負いかねますのでご容赦ください。



※左にご案内(カテゴリーメニュー)が表示されていない場合は
こちらからお入り下さい。別窓でトップが開きます。

空猫軒TOP



** 無断転載禁止 **
Copyright (C)SORANEKO-KEN,2012 All Rights Reserved.
【空猫軒】
inserted by FC2 system